スーパープレゼンテーションin郡山

IoT、オープンデータ、環境。市民科学が開く22世紀の福島!

スーパープレゼンテーションin郡山 参加申込書

スーパープレゼンテーションin郡山は終了いたしました。

現役留学生によるアメリカ留学説明&交流会ツアー

『留学という選択肢をもっと身近に』

主催:認定NPO福島100年構想員会
協力:福島高校・安積高校・橘高校・安積黎明高・郡山高校

現役学部留学生が5月26・27日、県立福島高校梅苑会館で留学説明会&交流会ツアーを実施します!

留学説明会参加申込書

▼こんにちは!ブラウンの熊たちです。

僕たち、「ブラウンの熊たち」は、2012年9月、アメリカ・ブラウン大学在学中の学部生8名により結成された学生組織です。 発足以来、毎日欠かさずブログ(http://ameblo.jp/brownujapan/)を通して、僕たちの等身大の生活を発信してきました。

公式ウェブサイト:http://www.brownbearsjapan.com/

▼地方の学生にも“留学”という選択肢を持ってもらいたい

ブログへの注目が高まる一方で、僕たちはブログの限界にも気づきはじめました。ブログというのは、僕たちから読者の「みなさん」に向けられて書かれています。そのため、読者の「1人1人」が、どのような悩みや疑問を抱え、どのようなアドバイスを必要としているのかがわかりません。 「実際に留学すべきかどうかに悩んでいる1人1人の中高生に、もっと寄り添った形で情報を届けたい。」— そう考えた時に思いついたのが、説明会のアイディアでした。

進路について悩んでいる中高生と直接会って話をすることで、面と向かっての生き生きとした交流が生まれます。このような交流を通して「本音」で語り合うことによって、参加者の方に、留学についてのより具体的で鮮明なイメージを持ってもらうことが可能になるのです。 僕たちは、このような交流の機会を、留学に関する情報があまり行き届いていない「地方」にこそ届けたいと思っています。 近年の留学ブームの中で、たしかに留学生は増えていますが、その大半が首都圏出身の学生で占められているのが現状です。僕たちの活動は、この機会の格差を少しでも小さくすることを目指しています。 以上のアイディアに基づいて話し合いを重ね、ついに2013年夏、僕たちは全国7都市(札幌、福島、新潟、東京、名古屋、大阪、福岡)で米国学部留学説明会ツアーを実施し、計832名の動員を記録しました。その模様は、日本経済新聞にも取り上げられました。

この説明会ツアーの中で、僕たちは、一貫して、留学はあくまで将来を考えるうえでの「1つの選択肢」にすぎないという立場を取りました。従って、説明会は、米国大学の生活と留学までのプロセスについての一般的な情報を網羅するだけではなく、僕たちの経験談(例:留学を志した経緯、米国での挫折とその克服など)にも多くの時間を割きました。
参加者の方々からは多くの満足の声を頂き、2013年度のツアーは、成功裏に終了しました。

▼2014年度のツアーでは、ざっくばらんに話せる交流会を開きます!

盛況のうちに幕を閉じた説明会ツアーでしたが、反省も残りました。
大きな課題の1つは、僕たちに「親近感」を感じられない、というものでした。この問題を克服すべく、今年度は、従来の「説明会」に加え「交流会」という形式を追加します。
僕たち現役留学生と日本の中高生、保護者の方がざっくばらんに話せる「交流会」を説明会の前後に実施することによって、留学という響きの持つ「敷居の高さ」や留学生というレッテルの生み出す「近寄りがたさ」を少しでも取り除くことが目的です。この形式を取ることで、僕たちのメッセージがより参加者の方々の心に響くものになるだろうと確信しています。

「ブラウンの熊たち」による2014年度のツアーは、「プロジェクトクマタチ」と名前を変え、全国10都市(秋田、新潟、福島、群馬、神奈川、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄)と規模を拡大して実施されます。昨年に引き続き、アメリカ大使館からも後援を頂いています。形式や規模は変わりますが、僕たちが届けるメッセージは変わりません。
自分自身の理想の将来(「なりたい自分」)について真摯に考え、

「なりたい自分」に近づくための1つの選択肢として学部留学を検討してほしい。

という僕たちの思いを全国の参加者の方々に伝えていきたいと考えています。

具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?

今年度のツアーは、昨年の説明会ツアー会場数を3つ上回る10都市で開催することが決定しています。
加えてツアーに参加するメンバー数も増え、各会場間の交通費が膨大な額に達します。僕たち現役留学生による自助努力だけでは、企画の実現は困難を極めます。
従って、僕たちの企画の趣旨にご賛同頂ける方々から協賛金のご協力を頂きたくお願いする次第です。ご協賛金は、手数料を差し引いて、交通費、滞在費、交流会の食費、説明会の場所代等に使わせて頂きます。

《留学説明会日程》

大阪:5月25日 atおおさかグローバル塾
 福島:5月27日 at福島高校 梅苑会館supported by福島100年構想委員会
 群馬:5月30日 atぐんま国際アカデミー
 新潟:6月1日 at新潟県立国際情報高等学校
 愛知:6月5日 at名古屋EF
 沖縄:6月8日 at那覇国際高等学校
 福岡:6月10日 at久留米大学附設中学校・高等学校
 秋田:6月13日 at秋田市内各所
 東京:6月15日 at東京EF
 横浜:6月17日 at神奈川総合高等学校

さいごに

昨年の説明会。「僕はどうしても留学がしたいです。」と涙ながらに訴える高校生と出会いました。留学の実現には、本人の決意はもちろんのこと、周囲の理解や支援が欠かせません。しかし、このような理解や支援というのは、十分な情報があってはじめて可能になります。彼のように確固たる目標があっても、自分ではどうしようもできない理由で留学を断念する学生は決して少なくはありません。
ブログを始めて早1年半が経ち、最近では、ツアーを通して出会った中高生から嬉しい連絡が来るようになりました。「ブラ熊のおかげで留学を決断できました!」「あの時諦めなくてほんとによかったです!」ー そんな言葉を聞くたび、僕らの活動が何かしらの形で彼らに還元されているのだと実感します。
「グローバル人材育成」をスローガンに、留学が1つのブームになるなかで、あたかも留学生がどんどん増えているという錯覚を抱きがちです。しかし、ふと横に目を向けたときに、そこには留学を、夢を、あきらめねばならず、悔し涙を流す人がいます。「なりたい自分」に向かってひたむきに走る彼らの背中を、一緒に後押ししませんか?ご支援のほど、宜しくお願い致します。

国際化を目指すセミナー&ワークショップ

今年も昨年に引き続き、福島高校において『福島の高校生よ、無限の可能性に向けて羽ばたけ!』が、
9月17日に福島の高校生の国際化を目指すセミナー&ワークショップが開催されました。

福島高校、安積高校から約40人の高校生が参加、講師である上坂伸一先生(『ハーバード・ビジネスレビュー』元編集長)のスピーチ『ハーバードとMITの真実』、池田真子さんの『オリンピックアスリートの妻として』、佐藤徳之さん(マーシュイン・ジャパン)の『グローバル人材とは』の講演をはじめ、後半戦では岸本伴恵さん(富士通エフサス)のファシリテーションによるワークショップ『2035年の未来に自分たちに向けて』の中で、自分たちがどんなことを実現したいのかを熱心に討議し、チームに分かれて発表してもらいました。

賞品も古河電池様からの協賛(マグボックス)を含め盛り沢山の内容でした。
普段では体験できない国際的な視点から、今後の福島そして世界のことを考る絶好のの機会になったと思います。

event

『ふくしま学びのネットワーク』と『認定NPO福島100年構想委員会』の共催事業
 昨年の3月25日はMITメディアラボの伊藤穣一氏と国会事故調査委員会の元委員長・黒川清氏を迎えて、『スーパープレゼンテーション㏌郡山』を開催しました。

第一回のシンポジウムの動画を掲載しました。

先日、2012年9月9日(日)に福島大学で開かれた、NPO福島100年構想委員会「第1回シンポジウム」は、おかげ様で好評のうちに閉会となりました。ご来場頂き誠にありがとうございました。 ご報告と致しまして、シンポジウムの様子を撮影した動画を掲載いたしますので御覧下さい。 (動画ご提供:IWJ様)

NPO福島100年構想委員会 第1回シンポジウム「今“フクシマ”が知るべきこと!~福島の環境リスクと健康を考える~」

第1部 講演 「様々な環境リスクと放射線について」 独立行政法人 産業技術総合研究所 フェロー 中西 準子 氏

WARPで同じファイルを探すオリジナルサイトをみるhttp://www.ustream.tv/embed/recorded/25284444?v=3&wmode=direct(外のサイトに移動します)

WARPで同じファイルを探すオリジナルサイトをみるhttp://www.ustream.tv/embed/recorded/25285065?v=3&wmode=direct(外のサイト

WARPで同じファイルを探すオリジナルサイトをみるhttp://www.ustream.tv/embed/recorded/25286328?v=3&wmode=direct(外のサイトに移動します)

Blog iMD 福島100年構想委員会シンポジウム

昨日私たちのNPO法人《福島100年構想委員会》が主催して『今フクシマが知るべきこと』をテーマにシンポジウムを開いた。
 第1部は産総研フェローの中西準子先生、第2部は福島医科大学副学長の山下俊一先生、第3部はパネルディスカッションで、上記お二人の他に東大医科学研究所勤務で南相馬市立病院でボランティアで医療に当たられている坪倉正治医師が加わった。
 現状の福島県の医療や健康に関する問題点、風評被害ならぬ山下先生の発言に対する誤解(?)、また放射能も相対的なリスクのひとつであるという科学的評価の手法とリスクのトレードオフなど興味深い話が聞けた。そしてこの世に絶対という言葉は存在しないことの意味、安全神話の崩壊、また100かゼロか、原発は反対か賛成かという語論の不毛さ・・・などなど、200人に及ぶ参加者が熱心にメモを取っていた。
 《シンガリ》を務めるフクシマが、廃炉まで40年以上もかかる現実を前にしてどう対応すべきか、そして2030年には原発ゼロをめざすというパブリックコメントの具体策の欠如。
 おいおい、福島は2050年になってもまだ廃炉は完了していないんだぜ!この《原発ポピュリズム》と福島が抱える現実のギャップ、私はどこまで見届けられるのだろうか、、、、。

第一回シンポジウム 今”フクシマが知るべきこと!”

  • 開催日 9/9(日)
  • 時間 13:00〜17:00終了予定

福島で生活を送るなかで避けて通れない環境放射能。そのリスクの相対性と様々な生命環境と健康に関するシンポジウムを開催いたします。NPO福島100年構想委員会は、100年後の“福島の未来”を考え、活動をしてまいりますが、まずはこの問題に向き合います。

【今“フクシマ”が知るべきこと! 〜福島の環境リスクと健康を考える〜】

第1部講演:「様々な環境リスクと放射線について」

  • 講演時間 13:40〜14:30(予定)
  • 講師 独立行政法人 産業技術総合研究所フェロー 中西準子 氏

第2部講演:「福島原発事故からの復興と再生に向けて 〜健康リスク管理の大切さを共に考える〜」

  • 講演時間 14:40〜15:30(予定)
  • 講師 福島県立医科大学副学長 山下俊一 氏

第3部パネルディスカッション:「福島県民の健康と心の被曝を考える」

  • 講演時間 15:40〜17:00(予定)
  • パネラー 中西準子 氏、山下俊一 氏、坪倉正治 氏
  • モデレーター 奥山修司 氏

場所 福島大学 L-3教室

  • 住所 福島市金谷川1番地
  • TEL 024-927-1388(シンポジウム事務局)
  • 料金 入場無料
  • 定員 300名(事前申込も受付中)
  • 主催 NPO福島100年構想委員会
  • 後援 福島民報社、福島テレビ

Mozilla 子ども向けワークショップを開催。

Mozilla Japan は、福島に住む子どもたちの未来のために、「Web の力で世界へ羽ばたこう」をテーマとしたワークショップの開催に協力することになりました (主催:特定非営利活動法人 福島 100 年構想委員会)。

今回は、福島県の郡山駅前、24 階建ての都市型複合ビル「ビッグアイ」内の商業施設モルティ 1 階のオープンスペースと、7 階の市民交流プラザでワークショップを行います。

ワークショップの内容は、Web サイトのしくみを学ぶ「Hackasaurus (ハッカザウルス)」、簡単にプログラミングができる「Scratch (スクラッチ)」、手書きの絵などでカスタマイズした自分ブラウザを作る「Domova (ドムーバ)」、オリジナルのステンシルテンプレート (型版) を作り、会場にみんなでペイントして 1 枚の絵を描く「Paintⁿ (エヌペイント)」、タブレット端末に手書きした自分の絵がアニメーションに変換されて大きなモニター上で動き出す「Parapara Animation (パラパラアニメーション)」の計 5 つを予定しています。

なお、「Hackasaurus (ハッカザウルス)」と「Scratch (スクラッチ)」は、12:00 ~/ 14:00 ~/ 16:00 ~の 3 回を予定しており、Web サイトから予約が可能です。

また、今回は福島大学や会津大学など福島県内の学校から学生がボランティアとして参加し、Mozilla Japan のスタッフと一緒にワークショップを行います。

今年の 1 月に、Mozilla Japan では、東京 原宿のカフェで子ども向けのワークショップ Mozilla Vision 2012- Workshop Day を開催しました。今回は、今年 2 回目の大きなワークショップとなります。これらのワークショップを通して、私たち Mozilla の活動や、Web の世界の楽しさ、素晴らしさや可能性を体感していただけると幸いです。

小さなお子さまから大人まで楽しめるワークショップを企画しておりますので、皆さんお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。福島でも、たくさんの子供たちの笑顔が見られることを、スタッフ一同とても楽しみにしております。

Mozillaワークショップ報告書